[PR] インプラント 走るたまご 恩師と再会
走るたまご
日常中心のブログ。いや別にこのブログみたら、たまごが走るとかそんなんないです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恩師と再会
今日はキャッチボールやらなかった。

キャッチボール開始から今日で四日目。

実施した期間三日。


これ完璧三日坊主ってやつじゃないんですか。


三日坊主の帝王で在らせられる僕です、こんばんわ。


いやいや、三日坊主じゃないです。

今日あれです。あれあれ。

そうそう用事です。


あ、なんか異様に嘘っぽいけどマジです。

いつもの「キャッチボールメンバー=中学校の時の野球部の連中」であるとこ行ってきたんです。


中学のときの野球部の監督のもとです。

(『の』が多すぎて読みにくい)



いや~その先生赴任しちゃってね。

俺らの母校にはいないんです。

同じ市内の中学校に行っちゃって。


そう。だからなかなか会えなくて。

だから暇人四人は今日行ってきたのです。

母校じゃない中学校に。





まぁ実はもっと前に行く予定だった。

去年の春。

もう約一年経ってるよ。

去年の春。

新聞で先生の転勤を知った俺ら。

だから俺らはお世話になった先生にと、寄せ書きを書くことにした。

ちゃんと連絡が取れる元野球部のやつら全員書いた。

もちろん俺も。


でもあるだらけ高校生が書くの遅すぎて止まっていた。

書いてないくせに韓国旅行とかしね。

ほんとに行きやがったからね、あいつ。


そんなグダグダで結局書き終わらないまま、新学期。。


そしてその色紙もそいつの家にそのまま。。






そして何故か知らんが、約一年経った今日行くことになった。

さすがこいつらノリ。


もちろん俺は即答で行くことにした。



俺は個人的に、というか一方的にその先生のことを慕っている。

愛してる先生(注意:先生=男)


俺は小学校高学年から野球を始めた。

リトルとかには入らずただ友達とじゃれ合ってる程度だった。


だから中学生になり野球部に入った時の俺はまさにど素人。

何も知らないペーペーだった。


だからこの先生に野球を教えて貰ったと言っても言い過ぎではない。


もちろん先生も一教師で別に野球のスペシャリストではなかった。

でも野球のイロハやある程度の技術は教えて貰った。



個人的に一番印象に残ってる言葉は「道具は大切にしろ」だ。

野球を通してそういう人としてのいろんなことも教わった。


今の俺もその言葉は忘れていない。

グローブとかは絶対に投げたりしない(普通か)



すぐ怒鳴りつける先生だった。

中学生の俺は

「何あのおっさん。また怒ってるよ。怒るの趣味なんですか?いい加減にして下さい」

っとちょっとうざい先生だと認識していた。


でも部活を引退して色々気づいた。

確かにその先生が言ってることはほとんど正しかった。

悪いの俺ら。頭悪い俺ら。

今思い起こせばちゃんとやれば先生は誉めてくれた。


そう気づいたとき「道具を大切にしろ」という言葉を思い出した。

その時俺は「ああ~!そういう意味でいったのか」と自分なりに解釈した。

僕は全然人間的になってない人間なのでその解釈は間違ってるかもしれない。


そのときぐらいにやっと「良い先生」と思うようになった。

気づくのが遅かったっと悔やまれる。


だから寄せ書きもめちゃ書いた。

10行は軽く超えてた。

寄せ書きなのに10行とか間違ってる。

俺が場所取りすぎたせいで色紙二枚使った、ごめんなさい。




まぁそんなわけでその先生がいる中学校に行ってきた。

でも誰も場所しらねぇでやんの。

マジで「あっちのほうじゃねぇ~?」って感じでチャリこいだ。


そしたらほんとに学校らしき時に着いたよ。

イッツア ワンダフル。

しかも合ってたよ。

イッツア ブルドッグ。(何か発音が似ていたから言ってみた)


とりあえず中学校の周りを回り巡回。

いやむしろ傍から見たら徘徊だよ。


何故かちょうど中学生が部活を始めていた。

必然的に僕らは大注目される\(^o^)/

明らかに僕ら不審者です、どうも。


そのうち生徒の誰かに通報されそうなので、門から進入。

適当な所にチャリを停める。


そして職員玄関の前でたむろう。

かなり入りにくい。

卒業生でもないのに私服で中学校とかおかしすぎる。


誰も先手をきって出陣しないのでジャンケンで先方を決めることに。

人数は俺を含め4人。

まけねぇぞ。。

















やっぱり負けおった。ナンテコッタイ/(^o^)\












何この悪運の持ち主。

マジカンベン。







そしてドアを開け出陣。

玄関のすぐ近くが職員室。

これは助かった。

ちょうど女の先生が出てきたので友達が呼び止める。


友達「あの~@@中学出身の卒業生なんですがN先生いますか?」

女先「あ、ちょっと待ってください」


そして職員室に入っていった。


そしたら変なおっちゃんがでてきた。

お前じゃねぇYO


おっちゃん「今ねぇ~N先生出張でねぇ」

おっちゃん曰く今先生は地方に出張。

かなり遠いとこにいると聞いてビビッた。

遠すぎて今日は絶対会えそうにない。


ということで俺らを名前を紙に書いて(誰が来たかわかるように)、

色紙を渡しておくようにしてもらった。


そして即効中学校から脱走。



うん、そんなわけで会えなかった^^;

ちょっと残念。

まぁ僕のこと覚えているとは思えませんが(涙)





先生に会えなかったのでかなり早く任務終了。

まだ時間あるということでみんなでマックいった。


俺はエビちゃんバーガー食った。

エビちゃん旨かった。

本物のエビちゃん食べないなぁ~☆★















何、言ってんのコイツ。



何か可哀想な人だなぁっと思った人はクリック(投票)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。