[PR] インプラント 走るたまご 卒業式前夜
走るたまご
日常中心のブログ。いや別にこのブログみたら、たまごが走るとかそんなんないです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業式前夜
何かあれっすね。

明日は卒業式とかいうやつありますね。

うわぁ完全に人事になってるよ俺。

うん、全然実感ない。

とりあえず卒業ネタ書いてモチベーションアップじゃ。


と、その前に今日の出来事。

久々に学校に行って来た。

二週間ぶりぐらい。

学ラン着るのも二週間ぶりぐらい。

久しぶりに見る顔も二週間ぶりぐらい。

K子さん見るのも二週間ぶりぐらい。


明日卒業式ということで今日は予行だった。

教頭の話(予行始まる前)で熟睡した。

もう予行とか何があったか知らないんですけど。


予行の後は教室でHR。

色々なプリントやら冊子を配られた。

今までのテスト成績、通知表、校内新聞みたいなの、健康カードみたいな紙などなど(もう覚えてない)

そして最後に卒業アルバム貰った。

いやぁ~楽しみにしてました。

自分の写真以外楽しみにしてました。

友達の写真、高校の行事の写真。K子さんの写真♪ウッホ☆

自分の写真は死ぬほど嫌だ。

絶対写真写りわりぃし、キモイし、気持ち悪いし、臭いし

・・・・

何か目から汗が出てきたよ。。


そもそも俺目つき悪いし。

よく『常に怒ってるみたい』と言われたような言われなかったような。

しかも写真撮るときカメラマンが「もっと笑顔!笑顔!!」うるさかったからな。

何、お前アイドルのカメラマン気取りか?

って思うぐらいノリノリなカメラマンだったからな。

だからしょうがなくものっそい笑顔してやったからな。

目つき悪いから絶対気持ち悪い笑顔なんだよな。

というか俺の場合頑張って笑顔作っても半笑いかもね。

逆に更に目つき悪くなってる可能性も否定できない。

そうだったらとりあえず死ねる。


そんなこと考えていると、卒アルが配られ俺の元にやってきた。

意を決してアルバムを開き、自分のクラスのページまで捲る。

・・・・

あ、意外にセーフだ。

いらっとする人もいるかもしれないが、一応見える。

一応人間には見える。


ただ髪型が・・・

前髪が・・・・・

若干ウネウネしてる。。

この時期はまだアイロン持ってなかったからな。

後悔。。

まぁでも人間だったんで一安心だ。


そしてこれまでの行事の写真を見てみる。

俺はあんまり載ってないな。

むしろなくね?俺高校生活送ってたよね?

いや、別に写りたいとかではないんだよね。

どうせキモイから。

まぁでもねぇ。

ちょっとは載っていてもいいんじゃないかな、と思ったりもするわけです。

(↑どっちだよ。この優柔不断やろう)

捲りまくってると俺発見。

球技大会のところだった。

集合写真みたいなのに。


俺、半目だった。

ちょっと死にたくなった。

目つき悪いとかじゃない。

半目ですよ、半目。それで笑顔ですよ、笑顔。

なんと気持ち悪いことか。

ほんとありえない。


しかも行事関係でまともに載ってる写真はそれだけだった。

かなり死にたくなった。


小中高の卒アルすべて汚点になりました。

目から汗が止まらない。



ちなみにK子さんはクソ可愛かったです^^

いや、そこ痛いとか言わない。

俺、そんな子じゃないから。

写真にチュッチュしてないから。

まだしてないから。



何故かアルバム貰ったあとは光速で強制的に帰らされました。

家に帰ってきて飯食った後、友達の家に行き他校の卒アルを見た。

その後、みんなで野球をした。

壊した肩のことも書きたいが、今はそれは場違いなのでまた今度。


さて今日の事書いたが、まだ卒業モチベが上がらない。

というわけで高校三年間を振り返ってみようか。前日だし。

前夜祭じゃー。(モチベ上げずにテンション上げる俺)

しかも一年事に区切って書いてやるぞー。

長文になるんじゃないかな。

【高1】

高1は文理系なかったから男女の人数比が同じだった。

クラスの半分女子とか懐かしい。

俺の通っていた中学校と高校は近く、クラスの中にも見知った顔が多かった。

それのせいか新しい友達を作ろうとはしなかった。

中学校の連中とばっかしゃべってたな。

俺は相変わらず、女の子には極端に人見知りの傾向が強かった。

でも何故か色々な人に結構話し掛けられた。

まぁ明るい性格の女の子ばっかだったしな。

多分人生で一番女の子と絡んだ時期だ。

まぁ彼女はできませんでしたが。

女の子と話すとか懐かしい。

何か俺いてぇ。


【高1で最も印象に残ってる出来事】

・・・・ん~・・・・何もないや\(^o^)/

昔過ぎて何も覚えてない。

女の子と話したことぐらいしかない。

女の子と話すなんて俺にとっちゃ一大イベントだからな。

何か俺いてぇ。



【高2】

ついに始まった文理制度。

理系とかオワタ\(^o^)/

女子二人とかオワタ\(^o^)/

そんなわけで女の子とは一気に無縁な関係に。

代わりに男共と仲良くなり始めた。

ほんと高2のこと思い出すと『男』しか出てこない。

でも楽しかったもん><

もうね。文系じゃ味わえない楽しみしたもん!

人はこれを嫉妬と呼ぶ。


【高2で最も印象に残ってる出来事】

高2はあれだろ。修学旅行。

確か5月か6月だったよな。

俺は友達と空港まで電車で行った(空港集合だった)

まだ時間があったのでおにぎりを買った。具は明太子だった。

出発前に食べた。

そして出発。

飛行機は何年ぶりだっただろうか。

何故か機体がクソ揺れる。

あれ?こんな揺れるの?

あれれ?こんな地震並みに揺れるの?

ほんと揺れまくってた。

その揺れの振動はいつの間にか腹にきていた。

それだけなからいいのだが、明太子にあたったみたいだ

史上最大の腹痛が俺を襲った。

マジで死ぬかと思った。

機体の揺れで三途の川が見えた。

さすがに限界と思った。

もう漏れると思った。

修学旅行初日に漏らすと思った。

こんなとこで漏らしたら人生終わると思った俺はトイレに行くことにした。

座席を立ち上がった瞬間。

機内アナウンス「間もなく到着地に着きますので、席を立たないでください」




人生オワタ\(^o^)/



何とか最後の力を振り絞り俺は漏らさずに済んだ。

飛行機を降りた俺は空港のトイレにダッシュ。

いや、ダッシュすると漏れるから多分早歩きだった。

トイレに篭りすぎてバスの出発時間遅らしました。

恥しすぎた。

全クラスのバスの前を小走りで走るとかマジ恥しかった。

ウンコ漏れた並に死にたくなった。


しかしその後も腹痛は治ることなく俺を苦しめた。

バスが本当憂鬱でしょうがなかった。

揺れるし、漏れそうになってもどうしようもないし。

移動場所に行く度トイレに篭っていた。

惨め過ぎて死にそうになった。

トイレにこもり、

『あれ?俺何やってんだろ。修学旅行で何やってんだろ。

 何でトイレの景色しか見てないんだろ。何で遥々ここまで来てトイレ巡りしかしてないんだろ。

 しにてぇーな。』

っと思った日、僕はグルメレポーターと似て日になるトイレレポーターになった。

何だこのドキュメントみたいな話。

いや、嘘だからね。そんな白い目で見ないでね><;


腹痛は自力で晩飯の時には治した。

だって添乗してた看護婦なんもしてくんないんだもん。

「cotss君、大丈夫?」しかいわねぇもん。

何この人。応援しに来ただけ?


その後、二日目三日目と腹痛は発祥することなく体調は良好だった。

でもその看護婦に顔と名前を覚えられたので、

地元に帰って来て解散するまで会う度、

「cotss君、大丈夫?」ばかり言ってきた。

むしろそれしかいわねぇ。

何この看護婦。ロボットですか。

俺に会ったら「大丈夫」と言えというプログラムが入ったロボットですか。


そんなわけで看護婦さんにはウンコcotssと完全に覚えられてしまった修学旅行だった。



【高3】

俺の学校は理系一クラスなのでクラス替えはできない。

理系だけできない。

理系だけ持ち上がり。

全てが見知った顔。

担任まで変わらないという奇跡。


まぁ3年は受験だったからね。

真面目にやってたよ。四月だけ。

ちゃんと時間で区切った計画表も作った。

でも全ては最初の定期考査で終わった。

完全に予定を崩された。

でも『これではいけない』と思った俺は考えた。

「うわぁ~どうしよこんなに予定狂わされて・・・・

 どうすればいいんだ・・・・

 あ!受験勉強やめればいいんだ。俺って頭良い~」

俺って頭悪い~。

そんなわけで俺の受験勉強は終了した。

大学には推薦でいけたため助かった。

もし推薦もらえなかったら確実に大学にはいけなかっただろう。

ガチで。


これは完全にダメ受験生の例です。所謂、ノンフィクション失敗例です。

今年から受験生の人はこんなお兄ちゃんみたいにならないでね。


一応こうなった原因などを考えましたお兄ちゃん。

ほんとにこうなって欲しくないから教えます。

正解か知らないけどお兄ちゃんなりに考えた答え発表します。

それは『気持ち』です。

うんこれ。多分これ。

俺は『気持ち』で弱かったから、定期テストなんぞに負けた。

多分『気持ち』が強かったら、ちゃんとした受験生になってただろうな。

まぁそんなわけで、みんなお兄ちゃんみたいにならないように強い気持ちを持って受験と戦って下さい。

(長期に渡って強い気持ちを持ち続けるのは難しいと思う。

 自分ができてないし。

 そんな俺が言うのもなんだけど、マジその強い気持ち維持して頑張れ!)


何か話しがそれたけど、要するに受験勉強とは無縁だった。


他としては仲良い友達が沢山増えた。

まぁ二年もいっしょにいるしね^^;


後はK子さんのこと知ったことかな。

痛々しいんで話しませんが^^


【高3で最も印象に残ってる出来事】

色々ありすぎて絞れない。

ほんとはもう書くのめんどくさい。



*****

まぁそんなわけで高校生活を手抜きながら振り返ってきた。

どう見ても男臭い高校生活だったな。

楽しかったけどな。

俺のクラスオタクが多かったのも特徴的だったな。

本物のオタクねw

それのせいで完全に他のクラスと孤立してたからな。

まぁ俺もそういうオタクとは距離を置いていた。

でもそいうやつと話してみると、根はほんと良い奴ばかりで面白い。

何か今までないノリで面白かった。わらかしてくれた。

いや、別に僕がそういう道に走ったわけじゃないですから。


あ、何かこうやって書いてると本当にモチベ上がってきた。

『もう卒業なんだなぁ』とか思い始めてきた。

しかも日付変わってるから、もう今日じゃん。

やべ、ちょいと緊張してきた。


俺泣くのかな。

そんな思い入れないつもりだけど、泣くのかな。

酷い顔が更に酷い顔になって、残念フェイスになっちゃうのかな。

まぁその辺もお楽しみに。

お楽しみといえばボタンですね。

僕なんかに貰ってくれるような女友達いませんが何か。

これマジ話なんでね;

悲しいね。

まぁ奪い取られなかったら自分から配ってやる。男共に。



何か悲しいcotssに投票
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。