[PR] インプラント 走るたまご 後輩 vs cotss
走るたまご
日常中心のブログ。いや別にこのブログみたら、たまごが走るとかそんなんないです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後輩 vs cotss
後輩が出来て浮かれている僕がいる@部室
そんな訳で僕にも念願の後輩が出来た昨今。

だが気付いた昨今。

俺後輩と話してないんじゃね?

サークルに新入生が入って来たので後輩が出来た。

だが僕は一切後輩と話していなかった。これはまさに形だけの後輩。エアー後輩。

空気的存在ではないか。いや、むしろ俺が空気的な存在かもしれない(泣)

このままではやばい。後輩からしたら俺はどうみても空気。存在してない。

せめてホッチキスぐらいの存在感は欲しい。

この状況を奪還するには後輩に話しかけるか、部室を裸で駆け抜けて死ぬしかない。

僕は人間として前者しか選べなかった。

・・・・・・・・・・・・

だが全然どうしたらいいのか分からない。

何を話せばいいのか?何を聞けばいいのか?

萌えポイント?犯罪歴?性癖?ツインテール派orポニーテール派?

そう、僕は後輩が出来たことがなかったので、後輩との話し方が分からないのだ。

後輩との接し方経験値ゼロの僕は泣いた。

このままではホッチキスにも負けてしまう。むしろうんこにも負けてしまうというのか。


僕はうんこになりたくて頑張った。

とりあえず名前でも聞いとけばいいだ。そうだセオリーがあるんだ。

どうせ後日また名前聞いて「こいつまた名前聞いてきたよ」とか思われてもいいだ!


cotss「どーも^^」

後輩「こんにちは。」

cotss「これからよろしくね。」

後輩「はい、よろしくお願いします。」

cotss「名前はなんて言うの?」

後輩「@@です。」

cotss「学部は?」

後輩「●●学部の二年です。」

cotss「・・・・・・・?」

後輩「あ、新入部員ですけど、二年生なんですよ。」

cotss「…あ~…同学年だけど後輩なんだね^^;」



※実話(cotssの気まずさに投票)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。