[PR] インプラント 走るたまご 推薦組み新入生歓迎会
走るたまご
日常中心のブログ。いや別にこのブログみたら、たまごが走るとかそんなんないです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
推薦組み新入生歓迎会
さてと、疲れた。

さっきまで寝てたわ。

疲れきってたわ。

さて、今日のこと思い出そうかな。

思い出した結果、『帰り寒かった』だけだったらどうしよ。

一行で終わりとか・・・・もう何かかっこいいわ。

まぁそれはそれでありだn(ry

今日も二度寝王は遅刻した。

高校の友達との待ち合わせ15分遅れ。

二度寝というよりは朝飯食ってたから遅刻したな。

朝飯食わんときゃよかった。

朝飯は柿の種ですが、何か。


まぁそんなわけで15分遅れてきたにも関わらず、

待ち合わせの駅へヘラヘラしながらやってきた僕。

いっしょに行くのは一人。

他の連中はめんどいだとか。


そして電車、地下鉄を使って大学到着。

約一時間か。

いやぁ~懐かしい。我が大学。

入試の時以来だから四ヶ月ぶりか。

何も変わっちゃいねぇや。

まぁそりゃそうか。


そして大学内の何とかっというとこに集合だった。

でもその何とかが良く分からん。

マジそんな場所、入学してない俺らには分からんから。

一体何考えてるんだ、先輩方よ。

もっと後輩に優しく、地球に優しくしてくれないかな(何

適当にうろちょろしてると、今日参加するそれらしき集団が溜まっていたので、ここにいることに。


何分か待ってると担当らしき学生がきた。

「え、えーっと。今日の新入生歓迎会参加する人。。え、っとこっちへ。じゃなくてこっちへ」

何、このグダグダ。

もしかしてこのグダグダ最後まで続くの?殺すよ。


そして俺らはデカイ食堂へと連れてこられた。

ここが今日の会場らしい。

とりあえず俺ら二人は一番後ろにつく。

出席確認が始まった。

担当の人に学部と名前を言って名札を貰い、言い渡された班へと移動。っという感じだ。

とりあえず俺は友達と離れないこを祈った。

友達が先に出席確認に。

「えーとじゃぁ、○○君(友達)は13班に行って下さい」

13か。俺も13に決まってるよな先輩。その辺空気読めよ。

「えーとじゃぁ、cotss君は5班に行って下さい」

・・・・・・

あ、今SATUIを覚えた。


これから地獄の時間が始まるのか。

これから『しにてーな』っと何回思うのだろうか。


そして俺は5班の席に着く。

まずは貰った名札に必要事項を書き込む。

班番、名前、ニックネーム・・・・え?

ニックネームって何ですか。そんなもの僕にはないです。

でも書かないといけないんだよなぁ。

えーっと、『うんこちんちん』って書いとけばいいのか。

こんなこと書いたらここじゃ絶対友達できないよ。

入学してからも友達できないよ。

大学生活オワタ\(^o^)/


危ない。危うく大学生活を棒に振るとこだった。

そんなわけで、ニックネームは『cotss(=下の名前)』にした。

そしてやっと自分の班を確認してみる。

女の子二人、男四人(俺を含めて)

うん、そんなことはどうでも良いくらい空気が重い。

誰もしゃべらねぇよ。

気まずいよ何か。みんな黙秘権使い過ぎだって。

そんな感じで気まずいと、先輩がやってきて自己紹介することに。

三番目ぐらいに俺だった。

俺「工学部の『本名』です。特にニックネームはないのでcotssって呼んでください。

  好きな言葉はうんこちんちんです。よろしくお願いします」

女性読者を中心にみんな引いている。やめて、そんな目で見ないで。

いや、好きな言葉は言ってないから。マジで言ってないから。

むしろ言ってたら僕もう人間界追放になってます。


そして自己紹介が終わると、先ほどよりは若干ながら空気が軽くなる。

まぁでもまだ皆だんまりですが。

今度は先輩を通して皆で話した。

うん、いい感じだ。このままいけば仲良い人も出来るんじゃないか。

そこへ一人の先輩が俺らの班にやってきた。

先輩「えーっとね。来ない人がいて、他の班人数が少ないんだよ。

   だから一人違う班に移ってくんないかな?」

ここで「はい僕いきます」なんて言えやしない。

何故かジャンケンで決めることに。

え?ジャンケンって・・・あれだよね。

大人数でやると法則があるよね。

あの法則があるよね。


「ジャンケンぽい・・・・」






案の定負けた\(^o^)/


出たこの法則。

もう止めてください。

ここでそれは・・・・マジダメだって。

自己紹介までして移動って。。

不参加した奴にSATUIを覚えた。


そしてペコペコして僕は旅立った。

移動したのは隣。

ん~何か微妙な連中。

前の方がいいよ。

ふとさっき俺のいたのとは反対の隣の机を見てみる。

超可愛い子発見。

あれやべぇ。テラヤバス。

たまに目が合う。

死にそうになった。

ダメだって。

あの目で見られたらやられてしまう。

オイオイもう隣に移動とかないのか。

もう一回隣に移動はないのか。


っと勝手に興奮しつつ、移動してきた班の人とちょっと話していると。

隣の人に話しかけられた。

隣「もしかして対人関係が苦手ですか?」

え?対人関係?

え?今俺ら会話してんだよね?

会話で『対人関係』なんて使わなくね?

書き言葉でしょ?あんた何歳?

しゃべり言葉で『対人関係』って聞いてリアルに引いてしまった僕はダメな子。



そしてやっとこさゲームが始まった。

やっぱりゲーム内容は子ども会に毛が生えたようなものだった。

まぁでもこれが一番仲良くなる方法かもな。

一応班内ではしゃべれるようになった。


その後昼飯。

カツ丼か揚げ鳥丼だったけな。

んで先輩がやってきて、聞きたい人は質問タイムみたいな感じ。

俺は特に思いつかなかったから聞いてるだけだった。

班員「バイトとかってする時間あります?」

先輩「まぁ下宿なら結構できるかな」

俺ら「あーなるほどぉ」

ガツガツ・・・・・

班員「勉強は大変ですか?」

先輩「そやねぇ。勉強というか三、四年がキツイね」

俺ら「あーそっすかぁ」

ガツガツ・・・・・


明らかに一人浮いてる。

というか食ってる。

見てみると、さっきの対人関係じゃん。


ちょっとは人の話し聞けよ。

何、さっきからガツガツしてんの。

ここ早食い選手権じゃないよ。

もちろん対人関係が一番早く平らげていた。

何しに来たのコイツ。


と思ったら唐突に対人関係が話し出した。

対人関係「この辺で美味しいミセハアリマスカ

ちょwwwあぶねぇwwww

危うく吹くとこだった。

味噌汁吹き散らすとこだった。

後半明らかになまってる。

というかロボット口調だった。

しかも平然と冷静に言うからマジ吹くとこだった。

てかやっと話したと思ったら、食い物の話じゃん。

ほんと何しに来たのコイツ。



その後昼からはまたゲームだった。

クイズだった。

超ねみぃ。死にそう。

いつでも寝れますよ的な感じだった。

俺が物凄く空気読まない人みたいだけど、違うよ。

クイズがクソ過ぎた。

四択のクイズなんだけど、問題がアホ過ぎる。

問、生協の正式名称は?

問、大学内に食堂はいくつあるか?

問、この食堂でやってないイベントはどれか?

問、(顔写真があって)売店の店長は誰だ?

とかのクソ問ばっか。

マジしらねぇ。むしろ知りたくねぇ。

心底興味ねぇ。勝手に店長やってろ。


とは心で思いつつ空気を読まなければっと思ったので参加した。

「ん~三番でよくね?」とか「えっと、1番か4番」とかしか言ってなかったけど。

これが限界だった。

てかまだマシだよ。

対人関係なんて半シカト体勢だからね。

問題もみねぇから。

班員「どれがいいと思う?」っと対人関係に向かって言う。

対人関係「え?どれでもいいじゃん」

ぶっ殺すぞオイ。

空気読めよハゲ。

何か答えろよ。というか問題見てないだろお前。

マジで何しに来たのコイツ。


そして地獄のクイズは終わった。

これでゲームは全て終了。


次は学部別でトーク。

やべキタ。

ここで気づいたが、一緒に来た友達がいない。

そうだあいつ、バイトがあるから昼で帰ったんだ。

くそ、マジか。怖いよトーク。


そして工学部で集まる。

机には先輩一人、新入生5人。

基本先輩がしゃべっていたので助かった。

それが30分ぐらいだった。


そしてこれで歓迎会は終了。

その後まだ話したい人は残って良いという感じになった。


まぁ俺は友達いなし、特に仲良い人もいない。

残っても死にたくなるだけなので、帰ることにした。

荷物を片付けていると・・・「ねぇ。。」っと声を掛けられた。

あれ。これって一種の逆ナンパというやつですか。

ついに俺もその領域に・・・・

話しかけたのは男だった\(^o^)/


まぁ現実そんなもんです。

そしてその人と話すことに。

その後先輩が沢山集まって来て賑やかに。

てかこの話しかけてきた人かっこいいんですけど。

カッコ可愛いみたいな。

まぁ何にしろイケメンだ。

やっぱり俺は質問に答える感じだった。

そして何かアドも交換した。

良くやった俺。

まぁこれも向こうから聞いてきたんですけど。


そして話は『今日来た新入生の中で一番可愛い子は誰だ』になった。

俺らや先輩全員一致で、上記に登場した女の子だった。

みんな考えてること一緒なんだな^^;

親近感湧いたw


そして二時間ぐらいトークしてお開き。

そして一人で帰ってきた。

そんな感じでした。

クソ疲れた。

まぁ仲良い子できたから、俺にしては100点満点でしょ。

24日も行くからな。(今日と同じようなの)

覚えていてくれるだろうか。

というか今日の印象悪くなかっただろうか。

ウザイとかキモイ奴になってなかっただろうか。

帰って来て、そんなことばっか考えてるヘタレです。



てかむしろ何故僕みたいなのが24日も行くのだろうか(投票)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。