[PR] インプラント 走るたまご チラシの裏記事
走るたまご
日常中心のブログ。いや別にこのブログみたら、たまごが走るとかそんなんないです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チラシの裏記事
春休みが始まり、そろそろ生活習慣が崩れてきました。

夜更かしするくせに、生活習慣を崩さないように昼前に起きる。

だが昼過ぎには眠い。くそ眠い。よって寝る。人間生理現象には勝てませんわ

だから夜には全く眠くない。パソコンパソコン^^ってなるわけです。

来週から合宿なので更に生活習慣崩れる前兆が。。全然体やすまんねぇな。


さてここから、いやここからもチラシの裏は続きます。
人は長期休みに入る、もしくは入る前に目標を多かれ少なかれ立ててしまう。

人によってはその目標を着実に進める人もいる。

だが僕みたいなちんちんは尋常ない目標の数を立てて、少しかじって全て共倒れに終わる。

残るのは不快感とストレスのみ。はげるはげる。


だが今年の僕は違う。毎回言うけど、今年は違うのだ。

毎度の反省を生かし僕は考えたのだ。

目標を立てる前にその目標の難易度から達成できるもの、達成できる量だけをチョイスした。

他は切り捨て。つまり弱肉強食だ。…ちょっと意味違うか。

今日はこの春休みに実行する目標の中の一つを紹介しよう。


突然だが、僕が草野球をしてるというのは知ってるだろうか?知らない。知っといて><

中学校時代の友人達を中心に結成した草野球チーム。今年で早くも3シーズン目に突入する。

だが、僕らは弱い。カスだチンカスだ。

市の野球連盟に加盟しているのだが、加盟するとそのチームに階級が振り分けられその階級によって大会が開催される。

大会で成績を残せば上の階級に昇格できるというわけだ。

僕らは2シーズンを終えて、6大会を戦ってきた。

そして僕らは………未だ最下位の階級だ。メロスは激怒した。

階級は4つ存在するのだが、まだ僕らは最下位なのだ。

平均年齢20歳の僕らは、横に太いハムみたいなハムおじさん達に余裕で負けるのだ。

戦闘能力はドドリア以下なのだ。助けてください界王神様><


この弱さはの原因は色々ある。

まず僕らは中学校野球までの奴が多い。

坊主だから嫌なの!っといって高校野球をやらなかった奴もいる。あ、俺か。

まぁもろもろだがチームの3分の1も高校野球経験者は居ないはずだ。

あとはコーチ的存在の不在。

中学校の友人を中心をして結成したため、チーム全員が同学年。おっさん顔も居るが全員同い年。

これによって、中学校のように教えてもらうということはなくなった。

学習するということが激減。ほぼ独学という状態。だが、独学では成長は飛躍しない。

そして一番と原因だと思われるのが、やる気の問題だ。

そもそも学校のように厳しい練習は嫌だけど野球はしたいっと理由で草野球チームを結成した。

僕は草野球チームを作ったメイン人物だが、これが大きな間違いだった。

これによってヌルっとチームを作り、ヌルっとメンバーを募って、ヌルっと始まった。

だから練習も多くて月2回、やってもグダグダ。人は集まらない。

試合もギリギリの人数。しかもボコボコに負ける。

そりゃ勝てるはずもない。救いようがない。自分で言うのもなんだが。


だが最初はこんなもんだと思ってた。まだ作ったばっかだし。っていう感じで。

でも二年目から疑問を抱き始めた。だって一向に成長しないんだもん。

だから僕は言った。さりげなく言った。このままじゃあかんのばい!みたいなことを遠めで言ってみた。

みんなの反応は無反応だった。特に皆のやる気は変わることはなかった。

僕は若干の苛立ちを覚えた。なんだこのヘタレ野郎どもは!っと。

だが気付いた。悪いのはみんなではなく、自分だと。

俺は実際サークルを理由に休みがち、その上試合じゃ使い物にならないぐらい打てない。

そう、僕はチンカスだったのだ。どうも改めましてチンカスです。

だから僕は誓った。この春休み。進化してやる。パタモンがエンジェモンになるぐらい進化しやると。

僕が進化して、練習や試合でブイブイしわせていれば、誰か一人誰か一人ぐらいは僕の熱さに便乗してるれる。そう信じている。

それがチーム内に広がり、活力・やる気が向上し、僕らはウォーグレイモンぐらいになる。僕はそう思う。

男は言葉より態度で示せ!っとどっかの熱い男が言ってた。まさにそれだ。

つまり、「YES! WE CAN!」なのである。上手い事言った。


よって春休みの目標として自分の野球スキルアップを掲げたのだ。

ただ野球のスキルを上げると言ってもとても不明確である。

これではいつも通り実行せずに終わり、不快感とストレスだけが残りはげる。

目標はより具体的でより明確でなくてはならない。

そこで僕は自分の弱点を克服する事にした。それは「バッティングと走塁」だ。

3シーズン目に突入する我が草野球チームだが、僕は試合でヒットを打った記憶がほとんどない。

ごめん、正直に言おう。全くない。打てない。もうちんちんで打とうかと思うぐらい打てない。

多分通算打率はすずめの涙ぐらいなのであろう。

これは一から叩きなおすしかなかった。

だが、バッティングの練習は難しい。

高校と違って練習するとこはないし、練習でバッティングするにしても人が居る。

そんなに集まるはずもないし、何よりめんどくさい。

そこで閃いた僕はバッティングセンターに通うことにした。

出費は嵩むが、安打製造機になるのであれば全く安いものだ。

そして僕はもう既にバッティングセンターに通い始めて二週目になる。

週2、3のペースだ。筋肉痛が酷い。運動不足を痛感した。

このまま順調に通って、目指せ1番バッター。っといったところか。

次は走塁だ。単刀直入に言おう。僕はスライディングが怖い。

なんで地面にずべらなかんねん!っという概念の持ち主だ。厄介。

なんにしろ、中学校以来スライディングというものをしたことがない。

高校時代、遊びで野球はするが、スライディングはしない。遊びではユニホームを着ないからだ。

誰も自前の私服あるいはジャージを遊びの野球でスライディングして破りたくない。当たり前だろう。

だがそれが今のスライディング恐怖症に繋がった。

よって僕は単純にスライディングを出来る格好すればいいじゃんということで、先日3300円で練習用のユニホームを購入した。

まだ試してはいないが、これからの練習ではこのユニホームを着てガンガン滑っていこうと思う。


そう、いつもの僕と違って今回の僕は目標達成のための下準備は完璧なのだ。

だがこれからが大変。これからが進化の時。俺はエンジェモンになるんだ!!

っということでこれからちょっとcotss君頑張っちゃうんだから。

目指すは3rdシーズンの成績:打率3割、3盗塁、3犠打

である。

あなたはこの目標達成出来ると思う?(長文読んでいただきありがとうございました)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。